• 『テクノ自動車学校』は、広島県広島市、呉市、東広島市の中心「安芸郡熊野町」にあり、広島大学、広島国際大学、近畿大学、広島国際学院大学、文化学園大学等から一番近い、原付・バイク・オートバイ・単車の二輪免許から「全免許取得可能な教習所」
  • 1日12時限のワイドな教習時間
  • テクノ自動車学校は全車種免許取得可能な総合自動車学校です。
  • 資料請求・お申込み・お問合せはお気軽に...

Company Training

テクノ交通教育センター

企業の社会的責任と交通事故防止:認定教育(運転者再教育)の活用

交通事故を起こすと、運転者は刑事、行政、民事上の責任を問われますが、業務上の事故は企業責任が問われ、
民事上の責任(損害賠償)等が発生する場合があります。

何よりも、大切な社員を失うことになれば、大変残念なことです。
損失には、目に見えるもの・見えにくいもの・関係者しか見えないものと様々です。

人の死傷による損失・お客様への損害・精神的苦痛の損害・受注減少、トラブル解決・関係者の労力・時間の損失、
荷物・車両・燃料の損害・企業イメージダウン・中傷誹謗・訴訟対応・保険料の大幅UP・・・・・等々。

1件の事故が日常汗を流して得た利益を、一瞬にして無駄としてしまいます。

安全への経費というより、リスクを削減し、人的損害、保険料の割引額等を試算してみると、
事故削減が即利益になると、安全教育に取組む企業が増えています。

また、良いイメージはなかなか浸透しませんが、悪いことは直ぐに広がるのと同様、
たった1人の事故が、事故が多い企業というイメージになります。

社内の事故削減をと考えた「今」、この貴重な機会に、御社の安全対策を前進させる大切な一歩を踏み出してみませんか?

道路交通に「絶対安全」ということはありません、「道路交通の中には常に危険」が潜んでいます。

99%の安全率とは 1/100 危険が発生することですが、よく耳にしたことがある
「万が一」という言葉を数字で表すと
1/10,000=99.99%になり、「十万に一つ」となると、99.999%になります。

※コンピュータのサービスレベル99.95%でも、年間4時間のシステムダウンとなるそうです。

そこで、安全教育を積み重ねることにより99.999%と1つでも多く9を増やし、
安全率を上げることでリスクを削減し、貴社の安全力を高めていくことが大切です。

現在まで安全教育に取組み、事故件数もある一定数まで減少し、もうこれ以上は
事故件数を軽減させることは不可能だと感じていませんか?

手段と方法は無数にあり、同じことを言っても伝える人が違うと、伝わり方が違う
ことって仕事上でも経験ないでしょうか?

下表のグラフのように、これ以上事故件数を下げることは不可能だと考えていた企業も、
新たな角度から安全教育を実施すると、更に件数が減ったという事例があります。

※テクノ交通教育センターでは、既得免許者の方で通勤、営業車、社用車、バス・
タクシー・トラック等でのドライバーは勿論、安全運転管理者等を含む指導する
側とも気づかなかった部分や、御社だけでは補えない部分を追求し、ドライバー
自身・管理職の方々に、より納得頂ける安全教育の実施を心掛けています。

※下記の棒グラフのように、今までと違う新たな角度の講習を受講することにより、
事故惹起者の再受講者が
16%から3%と大幅に減ったという事例もあります。

※安全教育に取組むと、事故再発者への再教育、安全教育推進者の育成が、
事故件数を下げる課題となりますが、まず、新入社員事故発生者に対し、
「社員の安全を守る」という意味で、安全講習を導入されてみてはいかがでしょうか?

最近ではCSR(社会的責)や運転の品質向上を高め、社員の安全意識向上に取り
組んでいる企業様からのお問い合わせが年々増えてまいりました。

  1. 事故の削減
  2. 保険料削減
  3. 人材確保
  4. 燃料費低下
  5. メンテナンス経費低下

運輸安全マネジメント・ISO・Gマーク等の運転品質の向上へも活用下さい。

また、運転品質の向上により、よりクオリティの高い優良企業となり、取引業者様へ
の信頼を高める取り組みを応援します。